ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
メディアメニューへ
環境エネルギー政策ニュース

2009年03月28日

ISEPシンポジウム「自治体が主導する気候変動政策」を開催

REエネルギー ビジョン 普及啓発 条例 計画書制度

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏  ISEPシンポジウム
┏┏    自治体が主導する気候変動政策
┏   ~「協創」と「連携」による実効的な仕組み作り~
      2009年3月28日(土) 13:00 - 17:00 (東京、青山)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.isep.or.jp/event/090328sympo.html

■概要

日時:2009年3月28日(土) 13:00 - 17:00 (13:00
より受付)
主催:環境エネルギー政策研究所
後援:東京都、埼玉県、神奈川県、横浜市、環境省、
   グリーンエネルギー購入フォーラム(いずれも予定)
場所:国連大学  エリザベス・ローズ国際会議場(東京、青山)
定員:100名
参加費:無料

昨年の京都議定書約束期間開始にともなう国内対策の推進、今年末のCOP15(コペンハーゲン)に向けた温室効果ガス 排出削減への世界的な動向のもと、地域による実効的かつ革新的な気候変動対策に期待が寄せられています。

このような状況の中、多くの自治体が国の定めた従来の地球温暖化対策の枠組を越えて、意欲的な温室効果ガス排出削減・自然エネルギー推進の目標設定、温暖化対策条例の策定、温暖化対策計画書制度をはじめとした新たな手法の開発を行い、持続可能性を見すえて自律的・先進的に取り組みはじめています。

今回のシンポジウムでは、部署の壁を越えて総合的に施策を創造し推進していく「協創」と、お互いに良いものを取り入れて発展させていく「連携」をもとにした自治体における気候変動政策の新しい流れを紹介します。
さらに国際的な視点を取り入れた今後の自治体の温暖化対策のあり方と進め方を議論します。

■プログラム

12:30 開場
13:00 開会挨拶および研究報告
    「気候変動政策における自治体の新しい役割」
    ~気候変動政策を取り巻く国内外の情勢、今後自治体に求められる役割、
      政策イノベーション・政策移転の担い手~
     飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
    
13:30 自治体報告
   ~温暖化対策条例、CO2削減や自然エネルギー目標値、 温対計画書などの
     新たな施策について~
     東京都 埼玉県 神奈川県 横浜市 川崎市

15:00 自治体研究報告 
    「全国自治体の目標値が示す動向」
    ~全国自治体調査による先進自治体の施策内容の紹介~
山下紀明(環境エネルギー政策研究所 主任研 究員)

15:20 休憩

15:35 パネル討論
    「『協創』と『連携』による仕組みと仕掛け」
   ・自治体内部の連携と他自治体との連携によるメリット
   ・先進性の要因・原動力と今後の狙い、方向性
   ・国や企業への要望、協力を呼びかけたいこと
     
    コーディネーター:飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
    登壇者:各自治体

16:55 閉会挨拶
17:00 閉会

* 更新情報等については当研究所のHPにて随時更新いたします。
http://www.isep.or.jp/

 
 
サイト内検索

メディアメニューです。

このサイトへのリンク、およびメディア掲載について

RSSフィード

PDFファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無償)が必要です。

Get Adobe Reader
「Adobe Readerのダウンロード」サイトを別ウィンドウで開きます。

 
グローバルメニューです。
ニュース
自治体紹介
政策一覧
制度紹介
先行事例
メッセージ
関連レポート集
関連リンク集
サポートメニューです。
このサイトについて
お問い合わせ
サイトマップ
日本語
ENGLISH