ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
メディアメニューへ
環境エネルギー政策ニュース

2009年04月08日

埼玉県、ストップ温暖化・埼玉ナビゲーション2050を策定し、埼玉県地球温暖化対策推進条例を制定

建築物 条例 目標値 計画書制度

埼玉県は、3月31日、温暖化対策の強化に向け、「ストップ温暖化・埼玉ナビゲーション2050」(埼玉県地球温暖化対策実行計画)を策定し、2050年の埼玉県のあるべき姿を描き、その達成に向けた中期目標とその実現のための施策を発表した。また、新たに埼玉県地球温暖化対策推進条例を制定し、具体的な温室効果ガス削減のための制度を盛り込んだ。

実行計画の計画期間は、平成21年度から平成32年度までで、2020年における中期目標として温室効果ガスの25%削減(2005年比)を定めた。先進的な取組として、目標設定型排出量取引制度の創設を目指し、太陽光発電の普及拡大に向けた対策の充実などを盛り込んでいる。条例では、温室効果ガスの大量排出事業者に対して、地球温暖化対策計画書の作成等を義務付け、県がその内容を公表する制度や、一定規模以上の建築物の新築・増築に際し、建築物環境配慮計画書の作成等を義務付け、評価結果を公表をする制度等を導入する。

 
 
サイト内検索

メディアメニューです。

このサイトへのリンク、およびメディア掲載について

RSSフィード

PDFファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無償)が必要です。

Get Adobe Reader
「Adobe Readerのダウンロード」サイトを別ウィンドウで開きます。

 
グローバルメニューです。
ニュース
自治体紹介
政策一覧
制度紹介
先行事例
メッセージ
関連レポート集
関連リンク集
サポートメニューです。
このサイトについて
お問い合わせ
サイトマップ
日本語
ENGLISH