ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
メディアメニューへ
環境エネルギー政策ニュース

2011年02月03日

5都府県が共同で地球温暖化対策全国自治体会議を開催

排出量取引制度 条例 計画書制度

地球温暖化対策として大規模事業所対策に積極的に取り組んでいる5都府県(埼玉県・神奈川県・京都府・大阪府・東京都)が共同で呼びかけ、全国47都道府県・19政令指定都市の参加の下、地球温暖化対策全国自治体会議が2月1日に開催されました。現在、キャップ&トレード制度を導入した東京都、埼玉県をはじめ30を超える自治体では、大規模事業所に排出量や削減計画の提出を義務付ける計画書制度が既に運用されており、地球温暖化対策において地方自治体の果たす役割は極めて重要になっています。

関連リンク

東京都環境局「地球温暖化対策全国自治体会議」
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/other/cat7320.html

 
 
サイト内検索

メディアメニューです。

このサイトへのリンク、およびメディア掲載について

RSSフィード

PDFファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無償)が必要です。

Get Adobe Reader
「Adobe Readerのダウンロード」サイトを別ウィンドウで開きます。

 
グローバルメニューです。
ニュース
自治体紹介
政策一覧
制度紹介
先行事例
メッセージ
関連レポート集
関連リンク集
サポートメニューです。
このサイトについて
お問い合わせ
サイトマップ
日本語
ENGLISH