ページの先頭です。

4つのスキップメニューです。
このページの本文へ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
メディアメニューへ
環境エネルギー政策ニュース

2010年03月31日

ICAP 東京会議を2010年6月15日に開催

排出量取引制度

ICAP(国際炭素行動パートナーシップ)は、定例の公開会議を、加盟都市である東京で6月15日に開催することを発表した。
 東京都は昨年5月にICAP(国際炭素行動パートナーシップ)に加盟し、国際的な炭素市場の創設に向けた議論に積極的に参加するとともに、日本における全国レベルの制度導入に貢献している。
 さらに、東京都では、CO2排出量の大幅削減に向け、4月1日から温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度を開始する。一方、政府は今月、地球温暖化対策基本法案を閣議決定し、「国内排出量取引制度の創設」を盛り込むなど、キャップ&トレードに関する動きが急速に高まっている。
 


1 日時

 平成22年6月15日(火) 9時から17時10分まで(開場8時)

2 場所

 ヒルトン東京ホテル(新宿区西新宿6-6-2)
 <地下鉄丸ノ内線>西新宿駅 (C8出口)から徒歩約2分

3 テーマ

 キャップ&トレード これまでの経験と成果及び今後の国際炭素市場の展望

 
 
サイト内検索

メディアメニューです。

このサイトへのリンク、およびメディア掲載について

RSSフィード

PDFファイルを閲覧するには、Adobe Reader(無償)が必要です。

Get Adobe Reader
「Adobe Readerのダウンロード」サイトを別ウィンドウで開きます。

 
グローバルメニューです。
ニュース
自治体紹介
政策一覧
制度紹介
先行事例
メッセージ
関連レポート集
関連リンク集
サポートメニューです。
このサイトについて
お問い合わせ
サイトマップ
日本語
ENGLISH